給与面接の質問と回答トップ 17 (2024)

ここでは、新人だけでなく経験豊富な給与スペシャリスト候補者が夢の仕事に就くための給与面接の質問と回答を紹介します。


1) 給与計算とは何ですか?

給与とは、企業が一定期間または指定日に従業員に支払わなければならない報酬を表す用語です。


2) 給与管理の方法にはどのようなものがあるかについて言及してください。

給与計算を管理する方法には次のようなものがあります。

  1. 自分で手作りする
  2. 従業員給与計算ソフトウェアの使用
  3. 給与計算のアウトソーシング
  4. 給与計算支援

無料 PDF ダウンロード: 給与面接の質問と回答


3) 給与計算に関連するすべての機能について言及しますか?

給与計算に関与する機能には以下が含まれます。

  • 給与データのバランスと調整
  • 給与小切手を配達します
  • 税金の預け入れと報告
  • 賃金控除
  • 給与データの記録保持と信頼性の検証
  • 税法の遵守を維持します
  • 新入社員の事務手続きを記録する
  • 既存の従業員ファイルを編集します。
  • 償還、賞与、残業代、休日手当の計算

4) 雇用主が支払う福利厚生について言及してください。

雇用主が支払う福利厚生には次のものがあります。

  • クリスマス・その他
  • バケーション
  • 病欠
  • 保険(健康、 歯の、視力、生命、障害)
  • 退職プラン
  • 利益分配計画

5) 給与システムとは何ですか? 例を挙げる。

給与システムは、従業員の支払いと従業員の税金の申告のすべてのタスクを整理するソフトウェアです。 これらのタスクには次のものが含まれます。

  • 従業員の労働時間の追跡
  • 賃金の計算
  • 源泉徴収と控除
  • 小切手の印刷と配達
  • 政府に雇用税を支払う

SAP は、そのような給与計算システムの XNUMX つを提供しています。

給与面接の質問
給与面接の質問

6) 中小企業向けに給与計算を設定する方法について言及しますか?

中小企業向けに給与計算を設定するには、以下の手順に従ってください

  1. 給与計算の責任を特定し、
  • 従業員の支払い詳細
  • 税金を払う
  • ファイル形式
  1. あなたのビジネスに合った給与システムを選択してください
  2. 従業員にきちんと給料を払う
  3. 給与税を支払い、納税フォームを提出する

7) 新しい従業員に給与を支払うために何をする必要があるかについて言及してください。

新入社員に給与を支払うために、

  • 従業員情報フォーム、銀行確認伝票に記入し、従業員に納税フォームに記入してもらいます。
  • 従業員の最初のタイムシートが支払いのために送信される少なくとも XNUMX 営業日前までに、すべてのフォームを給与部門に送信してください。

8) CTC とは何ですか?

CTC は Cost to Company の略です。 これには、雇用契約に関連するすべての費用が含まれ、積立金、医療費控除を含むすべての強制控除対象がカバーされます。 保険これらの免責金額は補償構造の一部を形成しますが、手元にある補償金の一部として受け取ることはできません。 給与.


9) 給与計算プロセス中によくある間違いについて言及してください。

給与計算プロセスではよくある間違いが発生します。

  • 給与計算を正しく設定しない
  • 従業員の口座に追加のお金を支払ったり、差し引いたりする
  • 紙の小切手の記録を忘れる
  • 入金の遅れまたは誤った送信
  • 給与計算を時間通りに実行することを無視します。

10) 源泉徴収税とは何ですか?

保留税としても知られる源泉徴収税は、従業員の賃金から源泉徴収され、雇用主によって政府に直接支払われる所得です。


11) すべての人が給与計算に関与していることについて言及してください。

  • タイムキーパー: 出席と時間が報告期限までに提出されるようにする責任があります。 Web での時間入力の場合、従業員がタイムキーパーとして機能します
  • 承認者: 時間と出席が承認され、報告期限までに提出されるようにする責任があります。
  • プロキシ: 承認者、承認された時間および出席者が不在の場合
  • 部門管理者: 給与レポートの作成とレビューに加えて、必要なデータの収集と維持のプロセスを認証する責任があります。
  • 財務管理者: 給与計算の正確性を監視および検証する責任があります。
給与面接の質問と回答
給与面接の質問と回答

12) 給与計算のソース文書とは何ですか?

給与ソース文書は、従業員の給与の生成に必要なすべての詳細を提供する文書です。 それには、

  • タイムシート
  • ジョブシート
  • タイムレコーダー
  • 給与台帳
  • 払込票(給与明細)
給与計算タイムシート
給与計算タイムシート

13) 賃金を保証する前に、どのような詳細を確認する必要があるかについて言及してください。

賃金を保証する前に、以下の詳細が考慮されます。

  • 内部システムのチェック
  • 計算が適切かどうかを確認する
  • 賃金シートのチェック
  • コンピューティング支払いシステムの検証
  • 支払いの性質
  • 同じ現金の支払いと引き出し
  • 名前の確認
  • 承認された署名を確認しています
  • 未払い賃金
  • 控除

14) 給与計算のエラーを回避するにはどうすればよいですか?

給与計算のエラーを回避するには、次のことを試してください

  1. すべての従業員の詳細が正しいことを確認してください
  2. 休暇の開始日と終了日を追跡します。 雇用終了時に有給休暇を計算する
  3. 報告プロセスを確認します。たとえば、年次調整フォームに記入します。
  4. 給与税ルールの変更と新しいルールを常に最新の状態に保つ
  5. 源泉徴収の支払いや従業員への支払い概要など、給与要件の期限を無視しないでください。
  6. 保険が適用される場合は、雇用主が正しい保険料を支払っていることを確認してください。

15) 給与計算サービス ソフトウェアを選択する際に何に注意すればよいか教えてください。

給与計算ソフトを選択する際は、以下の点をご確認ください。

  1. セキュリティ上の理由から、システムは必要なデータ暗号化、災害復旧計画、およびバックアップを提供する必要があります。
  2. 他のソフトウェアとの簡単な統合 HR または会計ソフト
  3. システムにはエラーが発生した場合に通知する機能がありますか?
  4. エラーを修正するのにどれくらい時間がかかりますか? エラーが発生した場合、システムに通知機能はありますか?
  5. あなたの給与計算サービスは拡張可能ですか - (従業員の体力に応じて適応できます)
  6. あなたの給与サービスはモバイルだけでなくクラウドテクノロジーもサポートしていますか?
  7. あなたの給与サービスには福利厚生管理システムが組み込まれていますか?
  8. 税務レポート、控除分析、総給与から純給与までの給与記録、報酬分析などのレポート機能をサポートします。

16) 何が非課税賃金に該当するかについて言及してください。

非課税賃金として知られる、税金の前に支払われる健康保険または退職金。


17) 給与計算をアウトソーシングするのはどのような場合ですか?

給与計算をアウトソーシングする必要があるのは、次のような場合です。

  • オーナーが給与計算を行う小さな会社です。
  • 直前の変更にそれほど頻繁に遭遇することはありません
  • 社内のシステムやインフラストラクチャに投資したくない
  • 複数の場所で支払う必要がある
シェアする

5のコメント

  1. アバター デビ 言います:

    これらすべての質問は面接を突破するのに役立ちますが、法定費用についてさらにいくつかの質問を追加すると有益になります

  2. アバター Shreya 言います:

    非常に短いですが、明確なコンセプトがあります。

  3. アバター SM ライハヌル イスラム 言います:

    素晴らしい役立つ情報。

  4. アバター ナヴィード・サルダール 言います:

    便利

  5. アバター フランシス・N・デイビス 言います:

    これらの素晴らしい思い出を私に返してくれて本当にありがとう。それらはシンプルですが、どの社会でも非常に役に立ちます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *