板金作業員の面接トップ 17 の質問と回答

ここでは、夢の仕事に就くための、新人だけでなく経験豊富な候補者向けの板金作業員の面接の質問と回答を紹介します。


1) 鉄鋼構造物の仕事とは何ですか?

  • 鋼製または鉄製の桁、柱、その他の建設ベースの構造物を構築します。
  • コンクリートを補強するための鉄筋を作成、溶接、ボルト締めします。
  • 鋼製の柱、梁、桁を接続します。
  • 溶接金網でコンクリートを補強する
  • 接続バーとスパッドレンチを使用して鋼または鉄の構造物を配置します
  • 下げ振り、水準器、レーザー機器を使用して位置合わせを確認します
  • バーをワイヤーで固定します
  • スチールにボルト用の穴を開ける
  • 組立説明書によると、鉄骨構造の番号が記載されています。
  • 鋼材を骨組みに吊り上げます
  • 材料や設備の検査

無料 PDF ダウンロード: 板金作業員の面接の質問と回答


2) 鉄鋼労働者が使用する機器をリストアップしてください。

鉄鋼労働者が使用する設備は次のとおりです。

  • 鉄筋
  • 木材
  • クレーン
  • デリック
  • リベットツール
  • 大型コンクリートバケツ

3) 仕事中に必要なスキルを列挙しますか?

業務上必要なスキルとしては、

  • プロジェクト作業のモニタリング
  • 同僚との調整
  • 操作と制御
  • 意思決定
  • 時間管理
  • 体力
  • 積極的なリスニングと学習
  • 複雑な問題の処理と解決
  • 批判的思考

4) 鉄鋼構造物作業員に必要な体力はどれくらいですか?

鉄鋼労働者に必要な体力

  • 静的強度
  • 手先の器用さ
  • あらゆる姿勢での多肢の調整
  • 頭と腕の安定性
  • 遠方および近方の視覚
  • 体幹の強さ
  • 高所での安定性と姿勢の維持

5) 労働者はどのようにして鉄筋を定位置に吊り上げますか?

  • まず、鉄や鋼の棒をデリックやクレーンのケーブルで取り付けます。
  • 一人の作業員が手信号でクレーンやデリックのオペレーターをその位置に移動するよう誘導し、もう一人の作業員がバーに取り付けられたロープを掴んでバーの揺れを止めます。
  • クレーンはゆっくりと構造物を所定の位置に移動し、設置したら作業員が下げ振りの助けを借りて位置が合っているかどうかを確認します。
  • 調整が完了したら、バーを溶接またはボルトで固定します。
板金作業員の面接の質問
板金作業員の面接の質問

6) 鉄鋼および製鉄の労働者がプラントで作業する際に直面しなければならない課題について説明しますか?

工場で働く中で、彼らは多くのことにさらされます。

  • 溶接やボルト締めの際に大きな騒音が発生する
  • 非常に暑いまたは寒い天候
  • 汚染物質
  • 怪我を引き起こす可能性のある危険な設備
  • 電気回路、ワイヤー、基板を開く
  • 高所から落下する危険性
  • 薄暗い光または明るい光

7) ガートとは何ですか?

サッシやサイディングなどの完成品を取り付ける縦または横の骨組みをガートといいます。


8) 青写真の読み取りとは何ですか?

設計図の読み取りは、鉄骨構造を網羅する構造図のようなものです。 これは鉄骨構造の詳細図であり、XNUMX つの鋼棒または構造を他のものと区別するためのラベルまたはピース マークが付いています。 鉄骨構造の各部分またはセグメントには、全体の一部になる前に、詳細な情報を含む単一の青写真があります。 穴のサイズや寸法などの小さな情報も含まれます。


9) 構造工学で使用されている技術について言及してください。

  • 在庫追跡および管理ソフトウェア
  • 原価見積ソフト
  • コンピュータ支援設計CADソフトウェア
  • 会計ソフトウェア

10) アンカレッジとはどういう意味ですか?

定着という用語は、溶接またはボルト締めによって根太または根太桁をコンクリート、石材、または鋼製の支持体に固定するために使用されます。

板金作業員の面接の質問
板金作業員の面接の質問

11) 鉄鋼構造労働者が着用しなければならない健康および安全装備は何ですか?

個人用保護具には次のものがあります。

  • 聴覚保護: リーマ加工、ハンマリング、材料の積み込み、積み降ろしのすべての作業で、耐え難い騒音が発生します。 このような状況では聴覚保護具が必須です
  • 目の保護: 穴あけ、燃焼、研削、溶接のプロセス中に目を保護するのに役立つ透明なメガネを着用してください。
  • 頭部保護: 鉄鋼労働者は重機によって怪我をする危険が常にあるため、ヘルメットは必需品です。
  • 皮膚の保護: 火傷、太陽からの紫外線、溶接放射線、フルレングスのズボンと革製の手袋から皮膚を保護します。
  • 足の保護: 作業者は認定グレードのブーツを着用する必要があります。 事故を防ぐために、滑りにくく耐衝撃性のある靴底を備えている必要があります。
  • 手の保護: 温度、耐衝撃性、切り傷や打撲傷の防止、作業のしやすさなど、現場の状況に応じて手袋を使用してください。

これとは別に、作業者はリスクを軽減するために安全ベルト、足場、ネットなどの安全装置を使用する必要があります。


12) 溶接作業中の危険因子は何ですか?

鉛を含む塗料を塗布した鋼構造物を溶接すると、有毒なガスや粉塵が発生します。


13) 鉛中毒の副作用にはどのようなものがありますか?

鉛中毒の症状には以下のものがあります。

  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胃けいれん
  • 便秘
  • 不眠症

14) 電動工具を操作する際にはどのような注意が必要ですか?

ただし、電動工具の操作には次のような注意が必要です

  • 電動工具は定期的に保守・点検してください
  • 欠陥のある工具を廃棄する
  • 事故を避けるために、ツールには「デッドマン」トリガーまたは電源オフスイッチを設ける必要があります
  • 認定されたツールのみを使用してください
  • 電流をキャッチする可能性がある突出した止めネジを備えた回転ネジの使用は避けてください。
  • ポケットから工具をぶ​​ら下げたり、電線や工具にさらしたまま揺れさせたりしないでください。
  • ワイヤー、ロッド、その他の間に合わせの材料に頼らず、適切な工具を使用して作業を行ってください。

15) リギングプロセスが依存する XNUMX つの要素について言及してください。

リギングプロセスは XNUMX つの要素に依存します

  • 巻上装置の能力
  • ロープと金具の使用荷重
  • 持ち上げる荷物の重量

16) 鉄鋼構造物で使用されるスリングについて、すべての項目を検査しなければならないことについて言及してください。

  • ワイヤーの重大な損傷
  • 断線
  • 熱によるダメージを探す
  • 悪天候による磨耗に注意してください
  • 端部アタッチメントの変形、潰れ、または磨耗
  • スリング識別が判読できない、または欠落している
  • ロープのねじれやつぶれ

17) 事故を防ぐためにコネクタに取るべき予防策は何ですか?

コネクタは鋼構造物同士を接続します。 事故を防ぐために、コネクタは直ちに次のことを行う必要があります

  • 他の場所に気を散らすことなく、到着する鉄骨構造物から目を離さず、正しい場所に誘導します。
  • 穴を合わせるには、常にレンチかドリフトピンを使用し、決して指を使用しないでください。多くの人がこの作業で指を失っています。
  • ビームは、切断する前に回転しないようにボルトで固定する必要があります。
シェアする

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *