WebLogic 面接の質問と回答トップ 50 (2024)

ここでは、新人だけでなく経験豊富な候補者も夢の仕事に就くための、WebLogic の面接での質問と回答を紹介します。


1. デプロイメント記述子について説明しますか?

デプロイメント記述子は、アプリケーションだけでなくほぼすべてのモジュールに関連付けられています。 デプロイメント記述子は次の形式で確認できます。 XML ドキュメントであり、ディレクトリまたは jar ファイルの一部であるコンテンツを記述することができます。 J2EE 仕様は通常、標準と、J2EE アプリケーションおよびモジュールに移植可能なデプロイメント記述子を定義します。

無料の PDF ダウンロード: WebLogic のインタビューの質問と回答


2. web.xml とは何ですか?

Web.xml は、主にアプリケーションを目的とした XML ドキュメントであり、アプリケーションの J2EE コンポーネントと構成を J2EE モジュール形式でリストするのに役立ちます。


3. WebLogic で使用されるデフォルトの JVM の名前は何ですか?

Sun ホットスポット JDK のデフォルトは開発に使用され、JRockit は WebLogic 11g および 12c の運用に使用されます。 オペレーティングシステム これは、認定された JDK JVM を選択する際に役立つもう XNUMX つの要素です。


4. サーバーを起動するためのユーザー認証情報を提供する方法を説明しますか?

ドメイン作成時に、初めて管理者としてログインするユーザーに対して、設定ウィザードでユーザー名やパスワードなどの入力を求められます。 ドメインが開発モードで作成された場合、構成ウィザードは暗号化されたパスワードとユーザー名を ID ファイル内に保存します。 このファイルは起動時に参照できるため、このファイルが存在しない場合でも、システムはユーザーに資格情報の入力を求めるプロンプトを表示できます。 使用資格情報を変更する場合、または運用モードでドメインを作成する必要がある場合は、新しいブート ID ファイルを作成できます。


5. 管理者サーバーが存在しないときに管理対象サーバーを起動する可能性はありますか?

通常のプロセスでは、起動時にマネージャー サーバーが管理サーバーに接続するのに問題が発生した場合に、管理対象サーバーがそれに関連する構成を構成ファイルから取得するオプションがあります。関連する他のファイル。

このようにして取得された情報は変更できず、管理サーバーが実際に使用可能な場合にのみ変更可能です。 管理サーバーが使用できない場合、管理対象サーバーは独立モードに入り、操作を実行します。

WebLogic の面接での質問
WebLogic の面接での質問

6. WebLogicサーバーについて説明します。

これは、JEE アプリケーションに関連するインフラストラクチャだけでなく、さまざまなサービスをサポートする一種のサーバーです。 WebLogic サーバーは、アプリケーションだけでなくコンポーネントもデプロイできます。 wsdl、UDDI および SOAP。 このサーバーは、HTTP をサポートする HTTP リスナーを利用して Web サーバーとして構成されます。

Apache、Netscape、および Web サーバーなどの Web サーバー Microsoft 活用されている。 Web サーバーの構成により、WebLogic は通常はサーブレットによって生成される動的リクエストと静的リクエストにサービスを提供できます。 HTML そしてJSP。


7. WebLogic サーバーの機能は何ですか?

WebLogic サーバーにはさまざまな機能が関連付けられています。

  • 動的構成の変更。
  • 本番アプリケーションの再デプロイメント
  • ローリングアップグレード。

8. WebLogic Server の T3 に関連する機能について説明します。

T3 は、WebLogic サーバーのメッセージの拡張サポートを提供します。 機能強化には、オブジェクトの置換、seblogic サーバーの動作 (クラスター、HTTP など) が含まれます。 T3 は、Java オブジェクトのシリアル化と RMI の捕食も実行します。 T3 は、Java オブジェクトに関連付けられたスーパーセットと考えることができます。

T3 は、WebLogic サーバー、プログラム クライアント、および WebLogic サーバーに関連付けられたクラスタの間で必須です。 プロトコル HTTP および IIOP は、WebLogic サーバーとプロセス間の通信を可能にするために使用されます。


9. HTTP の使用法を説明しますか?

HTTP は、WebLogic サーバーとプロセス間の通信を可能にする目的で使用されるプロトコルです。


10. IIOP の機能を説明しますか?

IIOP は、WebLogic サーバーとオブジェクト リクエスト ブローカー間の通信を可能にするのに役立つプロトコルの一種です。


11. 障害時に WebLogic サーバー クラスタ内でスタブはどのように機能しますか?

スタブは、障害が発生するたびに、障害が発生したインスタンスをリストから削除するプロセスを実行します。 スタブは通常、実行中のサーバーを検索したり、アプリケーションで現在使用可能なインスタンスのリストを取得したりするために DNS を使用します。

クラスター内のサーバーで使用可能なインスタンスのリストは定期的に更新され、新しいサーバーに関連する利点を得ることができます。 サーバーがクラスターに追加されると、利点が得られます。

Oracle WebLogicの面接の質問
Oracle WebLogicの面接の質問

12. デフォルトの JVM を他の JVM に変更するにはどうすればよいですか?

JVM を変更するには、以下の手順に従ってください。

  • まず、サーバーの起動スクリプトに JAVA_HOME を設定する必要があります。
  • JRockit javac.exe を使用するためにドメインの config.xml を変更します。
  • Sun JVM に固有のスイッチをサーバーの起動スクリプトから削除します。

13. クライアントは DNS、つまり障害が発生したサーバーへのリクエストをどのように処理しますか?

サーバー障害時に使用できないマシンに対して DNS リクエストが継続されると、帯域幅が無駄になります。 この問題は通常、クライアント側のアプリケーションに関連する起動時に発生します。 使用できないサーバーは、WebLogic サーバーによって提供される DNS エントリを検索することによって削除されます。

この削除により、クライアントは障害が発生したサーバーにアクセスできなくなります。 サードパーティのロードバランサーは、不要な DNS リクエストを回避するために使用されます。 サードパーティのロード バランサには、BigIP、resonate、local Director、Alteon などがあります。 これらのサードパーティ製ロードバランサーの主な機能は、DNS の複数のアドレスを単一のアドレスにマスクすることです。


14. WebLogic サーバーに関連する T3 の機能について説明しますか?

T3 は、拡張機能をサポートできるメッセージのフレームワークまたは全体的な構造を提供できます。 この機能強化は、製品トンネリングで構成され、WebLogic サーバーのクラスタに関連付けられたコンテキストで機能するほか、オブジェクトの置換でも機能します。


15. クラスパスはどのように設定できますか?

クラスパスは、次のスクリプト WL_HOME\server\bin\setWLSEnv.cmd (Windows の場合) を使用して設定できます。


16. スタブの機能を説明しますか?

通常、WebLogic サーバー クラスタに接続するユーザーはスタブを期待します。 スタブには、オブジェクトに関連付けられたホスト実装を実行するサーバーの利用可能なインスタンスで構成されるリストが含まれています。 スタブには、ホスト サーバー間で負荷を分散することで負荷を分散する機能もあります。


17. Tomcat サーバー内でプーリングを作成するにはどのような手順を実行しますか?

  • プーリングを作成するこのプロセスに含まれる最初のステップは、commons-dbcp-3 jar、commons-pool-1.2.jar、および commons-collections-1.3 jar の 3.1 つの jar ファイルをダウンロードすることです。
  • 次のステップは、tomcat ファクトリのserver.xml 内にエントリを作成することです。

18. サーバーのクラッシュとサーバーのハングをどのように区別できますか?

サーバーがクラッシュすると、Java プロセスは存在しなくなり、サーバーがハングすると、Java プロセスは応答を停止します。


19. サーバークラッシュの原因は何ですか?

サーバークラッシュが発生する主な理由は、ネイティブ IO、JVM、サポートされている構成、 JDBC ドライバーの問題と SSL ネイティブ ライブラリ。


20. サーバークラッシュの問題はどのように解決できますか?

JVM に関連するクラッシュにより、hs_err_pid ファイルが生成される可能性があります。 このようなクラッシュの根本原因を見つけるには、このファイルを参照する必要があります。 スレッドの起点がネイティブ IO の場合は、それを無効にする必要があります。 問題の原因がドライバーにある場合は、ドライバー チームに連絡する必要があります。


21. サーバー ハングはどのように解決できますか?

正常で肯定的な応答が得られるかどうかを確認するには、Java WebLogic.Admin PING をチェックする必要があります。 このファイルからハングの根本原因を見つけることができます。 このファイルから特定されたエラーを修正する必要があるだけです。


22. サーバーがハングする理由を説明しますか?

サーバーのハングにつながる主な原因は、メモリ リーク、デッドロック、復帰にかかる時間の長時間化です。


23. メモリリークを定義しますか?

メモリ リークは、オブジェクトが使用されなくなった後でもヒープ内に保持される場合に発生する状態です。


24. メモリ不足状態の原因は何ですか?

この状態を引き起こす原因としてはさまざまなものが考えられます。

  • 追加の負荷と比較してヒープのサイズが不十分です。
  • オブジェクトの配置には、HTTP セッションと同様に長い時間がかかります。
  • アプリケーションコード内でメモリリークが発生。
  • JVMのバグによるフルGCの発生を防止します。

25. メモリ不足はどのように解決できますか?

GC を有効にした後、メモリ データを収集する可能性があります (冗長)。 HTTP セッションが原因でこの状態が発生した場合、セッションがタイムアウトになると自動的に解決されます。 jdbc 接続の処理に関連するコードも確認する必要があります。 負荷を考慮してヒープのサイズを最適化する必要もあります。


26. CPU の使用率が高くなるのはどのような場合ですか?

これは通常、単一のスレッドまたはプロセスが CPU の大部分を予期しない方法で使用したときに発生する状態です。


27. 高 CPU 使用率に関連する問題はどのように解決できますか?

Windows プラットフォームでは、CPU 使用率が高いという問題は、pslist を使用するだけでなく、プロセス エクスプローラーを使用してスレッドまたはプロセスによって実行される機能を観察することで簡単に解決できます。


28. クラスタリングという用語について説明しますか?

クラスタリングは、高い割合のスケーラビリティと可用性を実現するためにサーバーをグループ化するプロセスです。


29. クラスタリングの目的は何ですか?

クラスタリングのプロセスを実行する主な目的は、サーバーの高いスケーラビリティと可用性を可能にすることです。 このプロセスは、適切な方法で負荷を分散するのにも役立ち、フェイルオーバーも実現します。


30. クラスター通信はどのようにして発生しますか?

クラスタを介した通信は、マルチキャスト IP およびポートによって、通常ハートビート メッセージと呼ばれる定期的なメッセージを送信するプロセスによって可能になります。


31. WebLogic インストールにはどのような種類がありますか?

WebLogic のインストールは通常、次の XNUMX つの異なるモードで行われます。

  • グラフィカルモード
  • コンソールモード
  • サイレントモード。

32. グラフィックモードとは何ですか?

インタラクティブなGUIを利用したインストール型の一種です。


33. コンソールモードとは何ですか?

これは、インタラクティブなテキストベースの方法に従う一種のインストールタイプです。


34. マナーモードとは何ですか?

これは非対話型のインストール方法であり、通常は .xml プロパティ ファイルに基づいています。


35. ユニキャストとは何ですか?

ユニキャストは、クラスタ マスターが存在し、各サーバーがこのクラスタ マスターに ping を送信して、サーバーが稼動していることを通知するクラスタリング手法で使用される方法です。


36. マルチキャストとは何ですか?

これは一種のクラスタリング システムであり、クラスタ マスターは存在せず、各サーバーが存在を通知するために相互に ping を送信する必要があります。 マルチキャストでは、各サーバーがその存在を他のサーバーに通知する必要があるため、ping の形式で送信されるメッセージが多数あります。 この条件により、ユニキャストと比較して、メソッドに関連する複雑さが大幅に増加します。


37. ステージ展開とは何ですか?

段階的デプロイメントは、管理者が他のインスタンスに配布される物理コピーを取得する一種のプロセスです。


38. 非段階展開とは何ですか?

管理者にはコピーはありませんが、展開するアイテムを取得するには、各サーバーがソースに直接接続する必要があります。


39. ポート番号はどのように確認できますか?

ポート番号は netstat-na|grep Connected を使用して確認できます。


40. リスニングポートを見つけるにはどうすればよいですか?

リッスンしているポートは、netstat-na|grep listen を使用して見つけることができます。


41. Javaのバージョンを確認するにはどうすればよいですか?

Java のバージョンは [roo@h1vm/]#java-version で確認できます。


42. サーバーがクラスターに追加されると、どのように通知されますか?

クラスタ内の新しいサーバーの可用性は、WebLogic サーバー (クラスタ) によってブロードキャストされます。


43. マルチプロセッサ マシン内には何台の WebLogic サーバーを保持できますか?

サーバーの数に制限はありません。


44. アプリケーションチューニングとは何ですか?

このプロセスには、ejb プール、サイズ キャッシュ、および JSP の再コンパイルが含まれます。


45. OSチューニングとは何ですか?

これは、TCP/IP パラメータを設定するプロセスです。


46. コアサーバーのチューニングとは何ですか?

これは、ワーク マネージャー、チャック サイズ、パフォーマンス パック、チャンク プール サイズ、接続バックログ バッファリングの調整を含むプロセスです。


47. JVMチューニングとは何ですか?

このプロセスには、ガベージ コレクションの監視と gc 戦略の調整が含まれます。


48. 機械とは何ですか?

マシンは物理マシンの論理表現です。


49. ノードマネージャーとは何ですか?

ノード マネージャーは、WebLogic サーバーとは別のプロセスを実行できる Java のサービスです。


50. ドメインとは何ですか?

ドメインは、さまざまな WebLogic サーバー リソースで構成されるグループとして定義できます。

これらの面接の質問は、あなたの活力(口頭)にも役立ちます

シェアする

1つのコメント

  1. アバター アディカリ 言います:

    weblogic10.3はoracle 19cと互換性がありますか

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *